Event is FINISHED

越境体験の効果とは?:越境関係者への大規模調査の結果報告会

Description
所属組織からベンチャー・NPO・NGO等へ行き、再び所属組織に戻ってくる越境体験。
越境体験を通じて、人は何を学ぶのでしょうか。

越境体験を実践した人や周囲は、その効果を感じていると思います。
しかし、その効果を言語化するのは難しい。

私たちは2020年から1年にわたり、越境体験の効果について調査・分析し、
効果を「ルーブリック」という評定表にまとめました。

今回のセミナーでは越境体験の効果についてお話します。
その上で、参加者の皆さまから様々なご意見をいただき、ルーブリックの改善に活かせればと思います。

【開催概要】
◆日時:2021年2月25日(木)15:00-16:30
※本セミナーはオンラインセミナーです。

◆定員:50名(先着順) → 100名(先着順) ※増席しました

◆参加費:無料

◆構成:
  • 【発表】越境体験の効果とは:伊達
  • 【コメントタイム】意見・感想・疑問の提出:参加者
  • 【応答】コメントへの応答:石山・伊達

◆登壇者:
石山恒貴 法政大学大学院政策創造研究科 教授・研究科長
一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア形成、人的資源管理等が研究領域。著書に『地域とゆるくつながろう』(静岡新聞社)『越境的学習のメカニズム』(福村出版)『パラレルキャリアを始めよう!』(ダイヤモンド社)など。

伊達洋駆 株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役
神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、研究知と実践知の両方を活用した「アカデミックリサーチ」をコンセプトに、組織サーベイや人事データ分析のサービスを提供している。著書に『オンライン採用:新時代と自社にフィットした人材の求め方』(近刊:日本能率協会マネジメントセンター)など。

◆ご参加にあたってのお願い:
本セミナーは、主催者が関与するウェブサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に用いるため録音・録画させていただきます。また、本セミナーの情報は各種メディアによる取材に対しても提供することがあります。ご参加に際してはあらかじめご了承ください。

◆事前準備:
ZOOMを使用するため、事前にダウンロードください。
https://zoom.us/download
ダウンロード・インストールに必要な時間は5分程度です。
セミナー参加に必要なURL等は、参加申し込み後にpeatixにてご確認いただけます。

◆主催:
株式会社ビジネスリサーチラボ
(協力:法政大学大学院政策創造研究科 石山研究室)

※本セミナーは、『経済産業省 令和元年度 大企業人材等新規事業創造支援事業費補助金(中小企業新事業創出促進対策事業)』の受託事業者である一般社団法人環境共創イニシアチブの再委託先である株式会社野村総合研究所が実施する「指標開発ならびに実装・評価業務支援業務」の一環として実施するものです。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#911789 2021-02-08 05:24:06
Thu Feb 25, 2021
3:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
Organizer
ビジネスリサーチラボ事務局
2,310 Followers

[PR] Recommended information